多くの女性の悩み”むくみ”。その症状と原因、改善方法はどのようなものでしょうか?また、利尿剤のラシックスで簡単にむくみを改善できます。

綺麗な女性の愛用通販

むくみとは

むくみ

一般的にむくみと呼ばれていますが、医学的には浮腫(ふしゅ)と言い、血液にある水分が血管もしくはリンパ外に染みだし、全身もしくは、体の一部にの皮膚の下にたまった状態のことを指します。

朝は普通に靴がはけていたのに夕方になると足首あたりがパンパンになってしまう靴を履くのに苦労したりすることがあります。むくむ場所の代表格として、顔と足があげられます。顔のむくみは自分で鏡を見てわかるほど変化しやすく、顔のむくみだけでも人の顔は変わってしまうのです。

むくんでいる時は通常の体重よりも5%~10%以上の水分が増加してあると考えられます。プラス3キロ以上も体重がむくみによって増えてしまっているのです。体のほとんどは水分でできています。もちろん水分がなければ人間は生きていくことができませんが、少なくてもダメ、そして多くてもダメなのです。水毒として考える人もいて、水分は体に悪い影響を与えてしまうとも考えられています。

むくみの原因

むくみの原因

日常生活においてむくみは切って離せないものとなっています。さらに個人差や体質の差なども出てきます。ではなぜ人はむくむのでしょうか?

代謝

むくむ原因として一番に挙げられるのが代謝がわるくなっていることです。むくみは血液中の水分が血管から排出して異常に増加してしまった状態のことを指します。代謝が悪くなってしまうと水分が滞ってしまうためむくんでしまうのです。足がむくんでしまうのは立ったままや座ったままの状態で長時間いることによって、ふくらはぎの血液などを循環させてくれるポンプ的役割の機能低下してしまい、水分が溜まった状態へとなってしまいます。

足は心臓よりも一番遠い位置に存在しており、ふくらはぎにある筋肉がポンプ代わりとなって血液を心臓に戻そうとするのですが、筋肉が硬直していたり、疲労しているとふくらはぎの筋肉がポンプ的役割を果たせず血行が悪くなり足がパンパンになってしまうのです。同じ姿勢を長時間するとむくみやすいのはポンプがうまく働かない事が原因となっているのです。

塩分のとりすぎ

塩分のとりすぎ

ほかにも塩分の取りすぎもむくみやすい原因の一つとして考えられます。味の濃いものを食べたら喉が乾いてしまう。これは当然のことで体の水分濃度を調節しようと体が水分を欲してしまうからなのです。塩分は体内ではナトリウムとなり、水分を多く取り込みます。これにより、味の濃い食事をとると水分を必要以上にため込んでしまうという事になってむくんでしまうのです。

アルコール

そしてアルコールもむくみの原因で、飲み会などの次の日は顔がよくむくんでいる人も多いでしょう。アルコールには利尿作用があり、飲むと頻尿になります。頻尿になると体内の水分が急激に減少するためまた水分やアルコールを過剰に摂取してしまうのです。そのため必要以上の水分を摂取してしまいむくみへとつながるのです。

病気

その他にも病気でむくみやすくなる人もいます。甲状腺の機能低下などは代謝が非常に悪くなるため、太りやすく、むくみやすくなってしまうのです。この病気は男性に比べて女性は10倍もなりやすくほとんど患者は女性となっており、治療にはチラーヂンなどの服用や手術などが必要となっています。

むくみの改善方法

むくみ改善方法

むくみをとりたい女子は世の中にたくさんいます。では自分でむくみをとるためにはどのよう改善方法があるのでしょうか?

筋肉をつける

個人差もありますが、むくみやすい人は太りやすいと考えられます。その大きな原因は筋肉の量が少ない事が影響しています。筋肉は血管の流れを良くするためのポンプ的役割を持っているため、筋肉量が少ないと結果的にむくみやすくなってしまうのです。さらに筋肉は体系維持にとって重要なもので、筋肉が多いほど基礎代謝が上がるためやせやすくなるのです。むくみやすく太りやすい人は筋肉の量を増やしてみると効果的かもしれません。特に足がむくみやすい人は足の筋肉を鍛えましょう。簡単な方法でかかとを上げたり下げたりするだけでも少しはむくみが改善されます。

塩分に気をつける

そしてやはり塩分の少ない食事を心がけることも重要です。1日の塩分摂取量は10gまでと考えられており、それ以上摂取してしまうとむくみやすくなります。体が必要以上の水分をため込んでしまうため、むくみを解消させるには塩分の少ない食事しましょう。

体を冷やさない

むくみ改善方法

体を温めることもむくみの改善方法の一つとなります。体が冷えてしまうと先ほどあげた筋肉が収縮気味となってしまい、血管内にも影響をもたらしてしまいます。冷え性の人はむくみやすいので、体を温めることもむくみの対策として考えられます。体が冷えて足がむくんだ夜にお風呂に入ると、むくみが瞬時に改善された経験がある人も多いのではないでしょうか?むくみやすい人は体を冷やしてしまう飲みものや食事はなるべく控え、ショウガなどの体を中から温める食事をとるようにしましょう。

体内の水分を排出させる

むくみ

水分を多く取りることでむくみを改善することも可能です。モデルなどは1日に2リットル以上の水分をとっているなどの話をよく聞きますが、どうしてむくまないのでしょうか?水分を多くとる理由として体内の毒素を排出させるためとして考えられます。もちろん毒素を排出させる為には水分も外へと排出しなければいけないのです。しかしそのまま水分が蓄積してしまっては水を多く飲む意味はないのです。

利尿剤のラシックスを利用する

重度なむくみの時にはラシックスなどの利尿剤を使用することでむくみを改善させることができます。ラシックスの服用後30分くらいで尿意を催すようになり、2時間ほど頻尿になります。体の余分な水分を排出してくれるため、浮腫みを改善させることができるのです。ラシックスは飲むタイミングを間違えるとトイレに行けなかったりなど問題点が出てきてしまうので、なるべくトイレに行きやすい環境の時に使用しましょう。

ゼニカルの通販